ビバ夜職!~飛田新地の求人体験記~

女性が理想的に働くための情報発信局として立ち上げました『ビバ夜職!~飛田新地の求人体験記~』飛田新地の求人から実際に働いた体験談をご紹介しながら女性が理想的に働けるようにサポートします!

家族・彼氏バレを防ぐ3つのポイント!飛田新地で働くために必要なこと

家族や彼氏にバレない

風俗でお仕事をしていること、飛田新地でお仕事をしていること。あなたは家族や彼氏にバレても平気ですか?おそらく、大半の方は「そんなわけない!絶対隠したい!」と思うでしょう。この記事では、「家族バレ・彼氏バレ」を防ぐためにできることを解説します。

服装、メイクは普段と変える。必要に応じてウィッグも?

069920

仕事にしか着ていかない服を用意する

飛田新地だと、顔見せという形でお店の前に自分が座らなければなりません。普段のままのあなたを親しい人が見れば一発でバレてしまいます。それを防ぐために、少しお金はかかりますが「仕事にしか着ていかない服」を用意しましょう。お店に置いておけるなら置いておいても良いですね。

その場合、洗濯はコインランドリーで済ませましょう。特に家族と一緒に住んでいる人は、よっぽどの衣装持ちでない限り「持っているのに着ない服」があると怪しいので、お店などに置いて洗濯はコインランドリー、は必須です。

普段とメイクを変える

メイクも普段と変えましょう。飛田新地では自分の姿そのままが看板になりますし、ライトで照らされますから少し濃い目のメイクの方が映えます。普段つけまつげをしない人は、この機会にチャレンジしてもいいかもしれません。他に、眉の形を変える、リップの色を変えるといった方法もあります。

ウィッグをかぶる

すでに風俗で働いたことのある人向けですが、ウィッグをかぶるという方法もあります。どうしても接客中はたくさん動くので動きに慣れてないと取れる心配がありますが、ウィッグをかぶることが出来ればまったく別人に変装できます!ヘアセットが楽になるというおまけつきです。

もちろんウィッグ自体、人毛を使ったものにした方がいいですし、高価な物の方が基本的には取れづらいです。ウィッグ専門店だと自分の頭の形に合ったウィッグを用意してくれたりもしますから、それを活用するのもオススメです。フルウィッグでなくポイントウィッグ、例えば前髪の形だけ変えるという方法もあります。

ウィッグは小さく畳んでバッグに入れることも出来るには出来ます(ただし痛みます)から、お店に置いておけない人で家族と住んでいる人でも、自分の部屋があればなんとかなりますし、もし見つかっても「気分転換に着けている時がある」「新しいヘアスタイルにチャレンジしたいけどバッサリ切る勇気がなかったから(もしくは髪を伸ばすには待たなければいけないから)ウィッグを買ってみた」など、風俗で働いていることがバレた時よりはいくらでも言い訳ができます。

これらの方法は飛田新地だけでなく、普通の風俗店への行き帰りや写真撮影などにも応用できますから、ぜひ活用してみてください。ちなみに筆者は、家からお店とお店から家で違う服を着ていました。これはあんまり意味がなかったかも・・・?

なお、パネルで選ぶ形の風俗店なら、パネルやホームページに顔を載せないということも押さえておきたいですね。

お客さんと電話番号、メールアドレスは交換しない

533330

家でまったりしていたら、もしくは学校や会社で忙しくしていたら、不意の着信。その表示がスマホに出てしまったら・・・考えたくありません。

ポップアップに「昨日は最高だった」なんて文面が出てしまった日には、もう言い逃れできませんよね。通知が出なくとも、誰かがスマホの中を覗けば同じこと。連絡先の交換は危険だと筆者は思います。

もし「見た」と言われたら

540984

あなたのことを風俗街で見た、飛田新地で顔見せのために座っているのを見た、そう言い張る人が現れたら、とにかく「違う」で貫き通しましょう。

そして「違う!絶対に私じゃ無い!」と強く否定するとますます相手は怪しみますから、「えー!まさか、違うよー!けどちょっとどれくらい似てるか見てみたい!今度一緒に行こうよ。

・・・ん?そこで見たってことは、風俗街(飛田新地)に行ったの?」と「相手が風俗街(飛田新地)に行った」という話題にさりげなくシフトさせてしまいましょう。

だいたいは「あ、いやー、たまたま通りかかっただけなんだけどね」なんて苦しい言い訳を始めますから、そこをいじり倒しておけばもう言ってくることはないでしょう。筆者はこの方法で一度、男友達からの追求をかわしました。実績有りの方法です!

最後に

いかがだったでしょうか。風俗で働く上で家族バレ、彼氏バレの危険は避けて通れませんが、そのリスクをできる限り小さくし、安心して働く環境を手に入れましょう。そしてそれは、自らの手で作りましょうね。

   

 - 働き方