ビバ夜職!~飛田新地の求人体験記~

女性が理想的に働くための情報発信局として立ち上げました『ビバ夜職!~飛田新地の求人体験記~』飛田新地の求人から実際に働いた体験談をご紹介しながら女性が理想的に働けるようにサポートします!

接客が苦手で水商売から飛田新地に出稼ぎ

接客が苦手で水商売から飛田新地に出稼ぎ

私が飛田新地で働くことになったきっかけは友人の紹介です。
以前からデリヘルで働いている子だったのですが、その前は飛田新地で働いていたらしいです。
その頃私は千葉のキャバクラでアルバイトしていたのですがなかなか指名が取れず、
そこで悩みましたが友人の紹介で飛田新地に来ました。

飛田新地は未経験でもOK

今でこそ友人はデリヘルで働いていますが、
飛田新地の頃は普通の風俗よりずっと働きやすくて稼げると言っていました。
友人は風俗未経験からいきなり飛田新地で働いたらしいのですが、
全くの初心者でも十分に働ける環境なんだとか。

なんでも飛田新地での仕事内容って本番行為が基本。
簡単にいえば挿入してイッたらおしまいというわけです。
確かに見知らぬ人とセックスするのは、最初は抵抗があります。
ですが、それ以上に15分働いたらで5000円だし、
時給換算で2万円ってかなりお得感がありました。

仕事内容が単純なので初心者でも割り切れば簡単だし、
何よりオートロックのマンションを寮として借りられること、
それから交通費が全額支給なのもお得感がありました。
それに、東京なら千葉の知人に見られる心配も無いかなとそこも決め手でした。

抵抗を減らすために私がしたこと

つきなみだと思いますが、飛田新地に対する抵抗を減らすため、
とりあえずオナニーを繰り返して行いました。
まずは性に対する意識を当たり前にしていこうと思ったからです。

それから出来る限り彼氏との行為も繰り返してみました。
ちょうど倦怠期でそろそろ分かれそうだったし、
そんな状態だからちょうどいい練習相手です。

おかげでセックスに対する意識を仕事として割り切れたと思います。
あ、でも好きな人とするのは今でも特別に感じているので、感覚が壊れた感じは無いです。
むしろ、今ではそれ以前よりも特別感があって、そういう意味では良い経験をしていると思います。

話が苦手な私でも簡単に稼げます

実は、私が飛田新地に魅力を感じたのはもう一つ、話すことが苦手なんです。
他人と話すときはどうしても相手の顔色を伺って気を張り詰めてしまいます。
それに気付いたのがキャバクラで働いてから、というのがなんともいえませんが。

ですが、飛田新地では仕事の時、必要以上に話をしなくても良いので接客がすごく楽なんです。
お店がしっかりしているので衛生面も良かったですし濃いオプションも無く、
ほとんど短時間で終わるのですごく楽でしたよ。

結果的にはキャバクラ時代よりもかなり稼ぐことができました。

   

 - 体験談, 出稼ぎ